Git チュートリアル - ファイルのステージング解除

このチュートリアルでは、ステージング領域からファイルをリセットする方法を示します。

ステージング領域からファイルをステージ解除します

ステージング領域にいくつかのファイルを追加した後、このファイルをさらに変更する予定があるため、この変更をリポジトリにコミットしたくない状況になります。その後、ステージングからファイルをステージ解除する必要があります範囲。 「git status」をチェックすると、ファイルの変更はまだステージング領域にあり、コマンド git reset HEAD <file> ... でリセットできます。

作業コピーのステータスを確認しないでください。

$ git status
On branch master
Changes to be committed:
  (use "git reset HEAD <file>..." to unstage)

	renamed:    test1_rename.txt -> move/test1.txt

この名前変更のステージングを解除してから、

$ git reset HEAD
Unstaged changes after reset
D test1_rename.txtgi

作業コピーのステータスが

$ git status
On branch master
Changes not staged for commit:
  (use "git add/rm <file>..." to update what will be committed)
  (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)

	deleted:    test1_rename.txt

Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)

	move/

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

名前変更がステージングされる前の状態に戻ります。

comments powered by Disqus