Python で余弦の逆数を計算する

  1. Python で math.acos() 関数を使用して余弦の逆関数を計算する
  2. Python で degrees() および acos() 関数を使用して余弦の逆関数を計算する
  3. PythonNumpy ライブラリを使用して余弦の逆数を計算する

余弦の逆関数は、三角関数の多くの問題を解決するために広く使用されている三角関数です。余弦の逆数は、アーク余弦とも呼ばれます。math.acos() 関数と NumPy ライブラリを使用して、Python で余弦の逆数を計算できます。

Python で math.acos() 関数を使用して余弦の逆関数を計算する

import math
print(math.acos(0.2))
print(math.acos(0.8))
print(math.acos(0))
print(math.acos(1))

出力:

1.369438406004566
0.6435011087932843
1.5707963267948966
0.0

まず、数学ライブラリをインポートしてから、入力値に math.acos() 関数を適用して余弦の逆関数を見つける必要があります。acos() 関数を使用して余弦の逆関数を使用すると、結果がラジアンになります。

Python で degrees() および acos() 関数を使用して余弦の逆関数を計算する

acos() 関数を使用して余弦を逆にすると、結果はラジアンになります。ラジアンではなく度で余弦出力の逆数を見つける必要がある場合は、acos() 関数で degrees() 関数を使用できます。

import math
result = math.acos(0.2) #radian
print(result)
print(math.degrees(result)) #degree

出力:

1.369438406004566
78.46304096718453

ここでは、最初に余弦の逆数をラジアンで取得し、それを result 変数に格納します。次に、degrees() 関数を結果変数に適用して、最終的な値を度で取得します。

出力が浮動小数点数として取得されていることがわかります。小数点以下の桁数に固定できます。

import math
result = math.acos(0.2)
print('%.2f'%result)

出力

1.37

このようにして、Python の float 値のフォーマットを余弦の逆数に使用できます。

PythonNumpy ライブラリを使用して余弦の逆数を計算する

NumPy ライブラリを使用して余弦の逆数を見つけることができます。Numpy ライブラリを使用する利点は、要素の範囲の余弦の逆数を一度に見つけることができることです。

import numpy as np
print(np.arccos(0.2))
print(np.arccos([0.2,0.8,0,0.5]))

出力

1.369438406004566
[1.36943841 0.64350111 1.57079633 1.04719755]

ここで、NumPy ライブラリは、余弦の逆関数を見つけるための arccos() 関数を提供します。arccos() 関数に単一の値を与えるか、値のリストを与えることができます。

関連記事 - Python Math

  • Python で直線の傾きを計算する
  • Python で立方根を取得する