Python リストの要素を数える

  1. len() 関数を使用して、Python でリスト内の要素の数をカウントする
  2. for ループを使用して、Python でリスト内の要素の数をカウントする

このリストは、Python で提供される組み込みのデータ型です。1つの変数の下に複数のアイテムを格納します。リストの使用は、Python プログラミングでは非常に一般的です。Python のリストはネストできます。

このチュートリアルでは、Python でリスト内の要素の数をカウントするさまざまな方法について説明します。

len() 関数を使用して、Python でリスト内の要素の数をカウントする

Python のリストには、異なるデータ型の複数の要素を格納できます。

Python の組み込みの len() 関数は、リストに含まれる要素のタイプに関係なく、リスト内のアイテムの総数を返します。

len() 関数を使用して、Python が提供する他の 3つの組み込みデータ型、つまりタプル、セット、およびディクショナリの要素の数をカウントすることもできます。

次のコードは、len() 関数を使用してリスト内の要素の数を取得します。

list1 = ["God","Belief",10,31,"Human"]

print("The total number of elements in the list: ", len(list1))

出力:

The total number of elements in the list:  5

for ループを使用して、Python でリスト内の要素の数をカウントする

要素の数を数えるもう 1つの基本的な方法は、for ループを利用することです。ループはカウントを 0 に設定して始まり、最後の要素まで続きます。ループの反復でリスト内の要素が検出されるたびに、カウントが 1 ずつ増加します。

次のコードは、for ループを使用してリスト内の要素の数を取得します。

list2 = ["Hey",20,14,"Look","An Example List"]

def total_elements(list):
    count = 0
    for element in list:
        count += 1
    return count

print("The total number of elements in the list: ", total_elements(list2))

出力:

The total number of elements in the list:  5