リストメソッドの追加と拡張の違いは何ですか

  1. Python リストの append メソッド
  2. Python リストの extend メソッド
  3. Python リストの appendextend の違いの結論

この記事では、Python のリストの append メソッドと extend メソッドの違いを紹介します。

Python リストの append メソッド

append はオブジェクトをリストの最後に追加します。オブジェクトには、リスト、辞書、クラスオブジェクトなど、Python の任意のデータ型を使用できます。

>>> A = [1, 2]
>>> A.append(3)
>>> A
[1, 2, 3]
>>> A.append([4, 5])
>>> A
[1, 2, 3, [4, 5]]

リストの長さは、「追加」が完了すると 1つずつ増加します。

Python リストの extend メソッド

extend は、反復可能な引数から要素を追加することでリストを拡張します。引数を反復処理してから、各要素をリストに追加します。与えられた引数は、リストのような反復可能な型でなければなりません。そうでなければ、TypeError を送出します。

>>> A = [1, 2]
>>> A.extend(3)
Traceback (most recent call last):
  File "<pyshell#9>", line 1, in <module>
    A.extend(3)
TypeError: 'int' object is not iterable

リストの最後に 3 を追加したい場合は、まず 3 を新しいリストに追加する必要があります。

>>> A = [1, 2]
>>> A.extend([3])
>>> A
[1, 2, 3]

extend メソッドは、反復可能なオブジェクトの要素を繰り返し、リストの最後に 1 対 1 で追加します。

>>> A = [1, 2]
>>> A.extend([3, 4])
>>> A
[1, 2, 3, 4]

Python extend 文字列タイプ

指定されたオブジェクトが string タイプの場合、文字列の各文字がリストに追加されることに注意してください。

>>> A = ["a", "b"]
>>> A.extend("cde")
>>> A
['a', 'b', 'c', 'd', 'e']

Python リストの appendextend の違いの結論

append は与えられたオブジェクトをリストの最後に追加するため、リストの長さは1だけ増加します。

Python での追加と拡張の違い-リストの追加

一方、extend は、指定されたオブジェクトのすべての要素をリストの最後に追加します。したがって、リストの長さは指定されたオブジェクトの長さによって増加します。

Python での追加と拡張の違い-リストの追加

関連記事 - Python List

  • Python でリストを文字列に変換する方法
  • Python で 2つ以上のリストを連結する方法
  • Python リストの del、remove、pop の違いは何ですか
  • Python リストに値が存在するかどうかをすばやく確認する方法
  • Python でリストを重複排除する方法
  • Python でリストをフラット化する方法
  • Python で特定のサイズのリストを作成する方法
  • comments powered by Disqus