PHP で表示するエラーを取得する方法

この記事では、PHP でエラーを表示する方法を紹介します。

  • ini_set() および error_reporting() 関数を使用する

PHP で表示するエラーを取得するために ini_set() および error_reporting() 関数を使用する

エラーを PHP で表示するには、ini_set() 関数と error_reporting 関数を使用できます。これらの関数は、PHP ファイルに含まれているエラーを表示します。これら 2つの関数を使用するための正しい構文は次のとおりです。

ini_set($configurationName, $value);

組み込み関数 ini_set() は、指定された設定に新しい値を設定します。この構成により、PHP セットアップが構成されます。この機能にはいくつかの構成があります。この関数は 2つのパラメーターを受け入れます。パラメータの詳細は以下の通りです。

パラメーター             説明
$configurationName 必須の 値を更新したい構成について通知します。文字列でなければなりません。この機能の構成のリストは、こちらにあります。
$value 必須の これは、選択した構成の値です。

成功した場合は前の値を返し、それ以外の場合は false を返します。

組み込み関数 error_reporting() は、報告するエラーを選択します。

error_reporting($errorLevel);

error_reporting() 関数は 1つのパラメーターのみを受け入れます。新しいエラーが渡されない場合は、前のエラーを返します。パラメータの詳細は以下の通りです。

パラメーター             説明
$errorLevel 必須の 報告したいエラーの名前です。数値または名前付き定数を使用できます。名前付き定数を使用すると、数値を使用するよりも、ユーザーにわかりやすいレポートを作成できます。これらはこちらで確認できます。

以下のプログラムは、エラーを表示する際にこれら 2つの関数を使用する方法を指定しています。

<?php 
ini_set('display_errors', 1); 
ini_set('display_startup_errors', 1); 
error_reporting(E_ALL); 
include("myfile.php"); 
?> 

display_errors 設定はエラーがユーザーに表示されるかどうかを決定します。display_startup_errors 設定は PHP の起動中にエラーを探すために使用されます。また、E_ALL はエラーレベルを指定するために使用される名前付き定数です。つまり、すべてのエラーと警告が含まれています。

出力:

PHP エラー表示キャプチャ

上記のコードは解析エラーを表示しません。解析エラーを表示するには、次の行を使用して php.ini を変更する必要があります。

display_errors = on

たとえば、以下のコードの場合、php.indisplay_errors がオンになっていると、$j <= 5 の後にセミコロンがないため、出力はエラーになります。

<?php 
for($j = 0; $j <= 5 $j++)
{ 
echo $j; 
} 
?> 

出力:

PHP エラー表示キャプチャ 1

comments powered by Disqus