C# 配列への値の追加

  1. C# for ループを使用して配列に値を追加する
  2. C# List データ構造と List<T>.Add(T) メソッドを使用して配列に値を追加する

配列は、同じデータ型の変数のコレクションを格納するために使用される効率的なデータ構造です。配列内のデータは、連続して構造化および編成されます。この記事では、C# で配列を厳密に追跡し、宣言された配列に値を追加する方法を検討します。

最初に整数配列を宣言しましょう。

int[] arr_sample;

上記は、データ型と名前を指定する配列の宣言です。この配列に値を入力するには、この配列のオブジェクトを作成する必要があります。

int[] arr_sample = new int[5];

オブジェクトを作成するときに気づくように、配列のサイズも指定します。C# では、イニシャライザリストを指定した場合に、ディメンションをスキップできます。ただし、サイズを常に定義に含めることをお勧めします。

この宣言された配列を埋めるために使用できるいくつかのメソッドを見てみましょう。

C# for ループを使用して配列に値を追加する

一般に配列に関しては、各要素には一意のインデックスがあります。したがって、単純なループと増分インデックスを使用して値を追加するのは簡単です。

using System;

public class Sample{
    public static void Main(){
        int[] arr_sample = new int[5];
        for (int index=0; index < 5; index++)
        {
            arr_sample[index] = index;
            System.Console.WriteLine(arr_sample[index]);
        }
    }
}

出力:

0
1
2
3
4

この方法は簡単ですが、インデックスを作成するときに配列の境界を超えないように注意する必要があります。そうしないと、Run-time 例外が発生します。

C# List データ構造と List<T>.Add(T) メソッドを使用して配列に値を追加する

中間データ構造として、この目的でもリストデータ構造を使用できます。この方法は、配列のサイズがわからない場合に特に便利です。

using System;
using System.Collections.Generic;

public class Sample{
    public static void Main(){
        List<int> intermediate_list = new List<int>();
        int index;
        for (index=0; index < 5; index++)
            intermediate_list.Add(index);
        int[] arr_sample = intermediate_list.ToArray();
        for (index=0; index < 5; index++)
            System.Console.WriteLine(arr_sample[index]);
    }
}

出力:

0
1
2
3
4

この方法では、コンパイル時に配列のサイズを固定する必要はありません。実際の都合に合わせて実際にリストに入力し、配列のサイズを動的に決定できます。

この記事にリストされている方法から選択するのは簡単です。動的なサイズの配列が必要な場合は、list メソッドを使用してください。また、配列の次元をすでに決定している場合は、配列をループして埋める方が便利です。

関連記事 - Csharp Array

  • C# で CSV ファイルを読み込み、その値を配列に格納する
  • comments powered by Disqus