C++で文字列を整数 Int に変換する方法

  1. C++で文字列を整数に変換するには std::stoi メソッドを使う
  2. C++で文字列を整数に変換するには std::from_chars メソッドを使う

この記事では、C++で文字列を整数に変換する複数のメソッドを紹介します。

C++で文字列を整数に変換するには std::stoi メソッドを使う

stoi メソッドは、符号付き整数に変換するための組み込みの string コンテナ機能である。このメソッドは操作するために string 型の必須パラメータを 1つ受け取ります。また、文字列の開始位置や数値ベースなどのオプションのパラメータを渡すこともできます。以下のコードサンプルは、複数の入力 string のシナリオとそれに対応する stoi のユースケースを示しています。

#include <iostream>
#include <string>

using std::cout;
using std::cin;
using std::endl
using std::string;
using std::stoi;

int main(){
    string s1 = "123";     string s2 = "-123";
    string s3 = "123xyz";  string s4 = "-123xyz";
    string s5 = "7B";      string s6 = "-7B";
    string s7 = "1111011"; string s8 = "-1111011";

    int num1, num2, num3, num4, num5, num6, num7, num8;

    num1 = stoi(s1); num2 = stoi(s2);
    num3 = stoi(s3); num4 = stoi(s4);
    num5 = stoi(s5, nullptr,16);
    num6 = stoi(s6, nullptr,16);
    num7 = stoi(s7, nullptr,2);
    num8 = stoi(s8, nullptr,2);

    cout << "num1: " << num1 << " | num2: " << num2 << endl;
    cout << "num3: " << num3 << " | num4: " << num4 << endl;
    cout << "num5: " << num5 << " | num6: " << num6 << endl;
    cout << "num7: " << num7 << " | num8: " << num8 << endl;

    return EXIT_SUCCESS;
}

出力:

num1: 123 | num2: -123
num3: 123 | num4: -123
num5: 123 | num6: -123
num7: 123 | num8: -123

stoi は、先頭の空白文字、+/- 記号、16 進数の接頭辞(0x0X)、複数のゼロも扱うことができ、整数を正しく返すことに注意してください。桁の前にある他の文字を扱うことはできず、それを見つけた場合は例外 std::invalid_argument がスローされます。以下のコードサンプルで動作を確認することができます。

#include <iostream>
#include <string>

using std::cout;
using std::cin;
using std::endl
using std::string;
using std::stoi;

int main(){
    string s1 = "   123";;
    string s2 = "xyz123";;
    int num1, num2;

    num1 = stoi(s1);
    cout << "num1: " << num1 << endl;
    try {
        num2 = stoi(s2);
        cout << "num2: " << num2 << endl;
    }
    catch (std::exception& e) {
        cout << e.what() << " caused the error!!!\n";
    }

    return EXIT_SUCCESS;
}

出力:

num1: 123
stoi caused the error!!!

異なる数値型に変換するための stoi スタイルのメソッドが複数存在します。例えば、std::stoi, std::stol, std::stoll, std::stoul, std::stoull, std::stf, std::stod, std::stold のように、異なる数値型に変換する複数の stoi スタイルのメソッドがあり、必要に応じて特定の機能を実装するために利用することができます。

C++で文字列を整数に変換するには std::from_chars メソッドを使う

from_chars メソッドは,C++17 の utilities ライブラリに追加されたもので,<charconv> ヘッダファイルで定義されています.このメソッドは,指定されたパターンの文字列を解析することができます.このメソッドの利点は,処理時間が大幅に高速化され,解析に失敗した場合の例外処理が容易になることです.入力文字列にはいくつかの制限がありますが、例えば、先頭の空白文字やその他の文字、ベース 16 の 0x/0X 接頭辞でさえも扱うことができません。符号付き整数については、先頭のマイナス記号のみが認識される。

std::from_chars の構文

from_chars(const char* first, 
          const char* last, 
          TYPE &value,
          int base = 10)
パラメータ 説明
[first, last) 解析対象文字アドレス範囲
value 成功した場合の解析結果の変数
base int ベース。デフォルトは 10 です。
#include <iostream>
#include <string>
#include <charconv>

using std::cout;
using std::cin;
using std::endl
using std::string;
using std::stoi;
using std::from_chars;

int main(){
    string s1 = "123";     string s2 = "-123";
    string s3 = "123xyz";  string s4 = "-123xyz";
    string s5 = "7B";      string s6 = "-7B";
    string s7 = "1111011"; string s8 = "-1111011";
    string s9 = "    123"; string s10 = "x123";

    int num1, num2, num3, num4, num5, num6, num7, num8, num9, num10;

    from_chars(s1.c_str(), s1.c_str() + s1.length(), num1);
    from_chars(s2.c_str(), s2.c_str() + s2.length(), num2);
    from_chars(s3.c_str(), s3.c_str() + s3.length(), num3);
    from_chars(s4.c_str(), s4.c_str() + s4.length(), num4);
    from_chars(s5.c_str(), s5.c_str() + s5.length(), num5, 16);
    from_chars(s6.c_str(), s6.c_str() + s6.length(), num6, 16);
    from_chars(s7.c_str(), s7.c_str() + s7.length(), num7, 2);
    from_chars(s8.c_str(), s8.c_str() + s8.length(), num8, 2);
    from_chars(s9.c_str(), s9.c_str() + s9.length(), num9);
    from_chars(s10.c_str(), s10.c_str() + s10.length(), num10);

    cout << "num1: " << num1 << " | num2: " << num2 << endl;
    cout << "num3: " << num3 << " | num4: " << num4 << endl;
    cout << "num5: " << num5 << " | num6: " << num6 << endl;
    cout << "num7: " << num7 << " | num8: " << num8 << endl;
    cout << "num9: " << num9 << " | num10: " << num10 << endl;

    return EXIT_SUCCESS;
}

出力:

num1: 123 | num2: -123
num3: 123 | num4: -123
num5: 123 | num6: -123
num7: 123 | num8: -123
num9: -16777216 | num10: -1 // incorrect values varying over runs

関連記事 - C++ String

  • C++ でデリミタを使用して文字列を解析する方法
  • C++ で文字列を逆にする方法
  • 関連記事 - C++ Int

  • C++ で文字列を印刷する方法
  • C++ で文字列をトリムする方法
  • comments powered by Disqus