Python チュートリアル - while ループ

  1. while ループの例
  2. else による while ループ

このセクションでは、指定された回数だけ多くのステートメントを実行する while ループについて説明します。 while ループでは、条件が True の場合、制御は while の本体に入り、内部のステートメントが実行されます。このプロセスは、条件が False になるまで続きます。

while ループは、ステートメントが実行される回数(繰り返しの合計数)がわからない場合に主に使用されます。

Python の while ループの構文は次のとおりです。

while condition:
    block of statements

ここで、「条件」が「真」の場合、制御は while の本体に入り、ステートメントのブロックが実行されます。条件が False になると、反復が停止し、ループが終了します。

while ループの例

次のプログラムは、最初の 5つの偶数の合計を計算します。

sum = 0
i = 0			#initializing counter variable at 0
while i <= 10:		
    sum = sum + i
    i = i + 2			#incrementing counter variable with inter of 2 for even numbers
print("Sum of first five even numbers =", sum)
Sum of first five even numbers = 30

まず、カウンター変数 i の値を初期化する必要があります。次に、i が 10 を超えた場合にループを終了するように指示する条件を含む while ループがあります。その後、カウンタ変数 i は繰り返しのたびに 2 を加算することでインクリメントされ、最初は i が 0 だったので偶数が生成されます。

i が 12 になると、ループが終了し、sum が出力されます。ループの各反復で、i の値が sum に追加されます。

else による while ループ

while ループでは、whileconditionFalse であると評価されたときに実行される else 部分を持つこともできます。

注意

break を使用して while ループを終了する場合、else 部分は無視されます。

count = 0
while count < 4:
    print("You are inside while loop")
    count = count + 1
else:
    print("You are in else part")
You are inside while loop
You are inside while loop
You are inside while loop
You are inside while loop
You are in else part

count が 4 より大きくなると、else 部分が実行されます。

関連記事 - Python Loop

  • Python チュートリアル - for ループ
  • comments powered by Disqus