Python チュートリアル - for ループ

  1. Python for ループ
  2. range() 関数
  3. else を使用する for ループ

Python for ループは、シーケンスまたはその他の反復可能なオブジェクトの要素を反復処理するために使用されます。

Python for ループ

以下は、Python の for ループの構文です。

for val in sequence:
    block of statements

ここで、val は各反復中の配列の要素または要素の値が変数です。val はシーケンスの最後の要素に到達した後、ループは終了します。

for ループの本体は、中括弧 { } ではなく、インデントによって示されます。インデントされていない最初の行が for ループの終わりになります。

for ループの例

x = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9}
sum = 0
for i in x:
    sum = sum + i
print("Sum of elements of x =", sum)
Sum of elements of x = 45

range() 関数

range() 関数を使用して一連の数値を生成できます。開始番号が割り当てられていない場合、範囲は 0 から始まります。range(10) を記述すると、0〜9 の数字が生成されます。

以下は、range() 関数の構文です。

range(start, stop, step size)

start および stop は開始点と終了点であり、step size は各要素間の間隔を示します。

この range() 関数は実際に範囲を定義し、個々のアイテムには伝えません。範囲内の各アイテムを表示する場合は、list() 関数を使用できます。

print(range(10))        #OUTPUT: range(0, 10)
print(list(range(10)))  #OUTPUT: [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

for ループ付きの range()

次のプログラムでは、range() 関数は for ループを使用してシーケンスを反復し、len() 関数を使用してインデックス付けを繰り返します。

l = ['Python', 'Java', 'C', 'Kotlin']
for i in range(len(l)):
    print("Programming Language is:", l[i])
Programming Language is: Python
Programming Language is: Java
Programming Language is: C
Programming Languages is: Kotlin

else を使用する for ループ

break ステートメントがない場合は、for ループで else を使用してループを突破できます。else 部分は、シーケンス内のアイテムが終了した後に実行されます。else には、シーケンスにアイテムが残っていないときに実行されるタスクを実行できるボディが含まれています。

l = [1, 2, 3, 4, 5]
for i in l:
    print("Items in list:", i)
else:
    print("List is ended")
Items in list: 1
Items in list: 2
Items in list: 3
Items in list: 4
Items in list: 5
List is ended

リスト l にアイテムが残っていない場合、else パーツが実行され、メッセージが出力されます。

関連記事 - Python Loop

  • Python チュートリアル-ループの継続と中断
  • Python チュートリアル - while ループ
  • comments powered by Disqus