R の標準誤差の計算

R の標準誤差の計算

統計学の世界では、平均の標準誤差は非常に便利で重要な用語です。これは、データの分散の量を測定する標準偏差とは異なり、標本が実際の平均からどのように乖離しているかを教えてくれます。 平均の標準誤差の公式は、標準偏差をデータの長さの平方根で割ったものです。 平均の標準誤差を計算するのは R では比較的簡単です。protrix パッケージが提供する std.error() 関数を使用することもできるし、同じ関数を簡単に作成することもできます。 std.error() 関数を使用して、R の平均の標準誤差を計算する std.

2021年2月9日 R R Statistic

人気記事

最新記事