Python 仮想環境を作成およびアクティブ化する方法

Python 仮想環境は、グローバルな Python モジュールの影響を受けずに Python モジュールの依存関係をインストールできる孤立した Python 作業環境を作成します。特に、プロジェクトに異なる Python ライブラリバージョンの要件がある場合は、その仮想環境にのみ特定のライブラリバージョンをインストールできるようにするために不可欠です。

以下の手順に従って、Python 仮想環境をインストール、作成、アクティブ化、および非アクティブ化できます。

-##### virtualenv をインストールする 一部のディストリビューションでは、virtualenv はすでにインストールされています。ディストリビューションに既に含まれているかどうかを確認できます

$ virtual --version

そうでない場合は、pip 経由で virtualenv をインストールします

$ pip install virtualenv

または「apt-get」経由

$ apt-get install python-virtualenv

-#####プロジェクト仮想環境の作成 virtualenv を使用してプロジェクト Python 仮想環境を作成します

$ cd your_project_folder
$ virtualenv your_project

-#####プロジェクト仮想環境のアクティブ化

$ source your_project/bin/activate

プロジェクトの仮想環境をアクティブにします。以下の 2つの方法のいずれかで確認できます。 コンソールは次のように変更されます

(your_project)user@hostname:~/your_project$

または、システムの PATH 環境変数をリストします

$ echo $PATH

印刷された情報に your_project パスが表示されます。

-##### virtualenv を無効化する 別の仮想環境に切り替えるか、単に現在の仮想環境を終了する場合は、次の方法で virtualenv を無効化できます

(your_project)user@hostname:~/your_project$ deactivate
user@hostname:~/your_project$
comments powered by Disqus