ボタンを使って Tkinter ウィンドウを閉じる

  1. root.destory() クラスメソッドで Tkinter ウィンドウを閉じる
  2. destroy() 非クラスメソッドで Tkinter ウィンドウを閉じる
  3. root.destroy 関数をボタンの command 属性に直接関連付けます
  4. root.quit は Tkinter ウィンドウを閉じます

ユーザーが Tkinter ボタンをクリックすると、ボタンに付加された関数またはコマンドを使って Tkinter GUI を閉じることができます。

root.destory() クラスメソッドで Tkinter ウィンドウを閉じる

try:
    import Tkinter as tk
except:
    import tkinter as tk
    

class Test():
   def __init__(self):
       self.root = tk.Tk()
       self.root.geometry('100x50')
       button = tk.Button(self.root, 
                          text = 'Click and Quit', 
                          command=self.quit)
       button.pack()
       self.root.mainloop()

   def quit(self):
       self.root.destroy()
        
app = Test()

destroy() はウィンドウを閉じるために使います。

Tkinter ボタンでウィンドウを閉じます

destroy() 非クラスメソッドで Tkinter ウィンドウを閉じる

try:
    import Tkinter as tk
except:
    import tkinter as tk

root = tk.Tk()
root.geometry("100x50")

def close_window():
    root.destroy()

button = tk.Button(text = "Click and Quit", 
                   command = close_window)
button.pack()

root.mainloop()

root.destroy 関数をボタンの command 属性に直接関連付けます

追加の close_window 関数を定義せずに、root.destroy 関数を button command プロパティに直接バインドできます.

try:
    import Tkinter as tk
except:
    import tkinter as tk

root = tk.Tk()
root.geometry("100x50")

button = tk.Button(text = "Click and Quit", command = root.destroy)
button.pack()

root.mainloop()

root.quit は Tkinter ウィンドウを閉じます

root.quit は Tkinter ウィンドウを終了するだけでなく、Tcl インタプリタ全体を終了します。

Tkinter アプリケーションが Python Idle から起動されていない場合、このメソッドを使用できます。Tkinter アプリケーションを「 Idle」から呼び出す場合、root.quit を使うことを勧めません。なぜなら、quit は Tkinter アプリケーションを殺すだけでなく、Idle 自体も殺します。

try:
    import Tkinter as tk
except:
    import tkinter as tk

root = tk.Tk()
root.geometry("100x50")

button = tk.Button(text = "Click and Quit", command = root.quit)
button.pack()

root.mainloop()

関連記事 - Tkinter Button

  • Tkinter ボタンの色を変更する方法
  • comments powered by Disqus