Java でブールメソッドを返す

  1. Java の return ステートメントを使用したブールメソッドの構造
  2. ブールメソッドを返す - 例 1
  3. ブールメソッドを返す - 例 2

この記事では、Java でブールメソッドを返すメソッドを紹介します。

Java の return ステートメントを使用したブールメソッドの構造

以下のコードスニペットについて考えてみます。

public boolean CheckPassword(String pass){ 
}
  1. public:これは、場所に関係なく、すべてのコードからクラス、フィールド、メソッド、およびコンストラクターにアクセスできることを示す修飾子です。
  2. boolean:これは、メソッドが指定されたタスクを実行した後に返されると予想される値のタイプを識別します。 3。checkPassword():これはメソッドの名前です。
  3. String:これは、メソッドが受け入れるパラメータタイプを宣言します。

上記のメソッド構造から、メソッドの戻り型がメソッド宣言で宣言されます。戻り型 void を宣言するメソッドには、return ステートメントは含まれません。void と宣言されていないメソッドには、メソッドを終了するために使用される return ステートメントが含まれている必要があります。

ブールメソッドを返す - 例 1

以下のサンプルコードは、数値が偶数か奇数かをチェックします。ブールメソッドは、偶数の場合は true を返し、奇数の場合は false を返します。

public class booleanMethod {
  
    public static boolean isEven(int mynumber)
    {
        return (mynumber % 2 == 0);
    }

    public static void main(String[] args)
    {
        int mynumber = 130;
        if(isEven(mynumber) == true)
            System.out.print("Even Number");
        else
            System.out.print("Odd Number");
    }
}

出力:

Even Number

上記のコードでは、最初のステップはブールメソッドと期待される戻り値を宣言することです。boolean メソッドは、次のメソッドでコードログインがどのように実装されるかをガイドする値を返します。public 宣言を使用すると、他のメソッドからコードにアクセスして、渡された数値が偶数か奇数かを確認できます。

2 番目の方法では、int を渡して偶数か奇数かを確認するたびに、ブール法によって結果にブール値が割り当てられます。このブール値は、メソッドの出力を決定するために使用されます。

ブールメソッドを返す - 例 2

以下のコードサンプルは、学生のスコアが 72 を上回っているか下回っているかを確認します。

public class booleanMethod {
  
    public static boolean isAbove (int thescore)
    {
        return (thescore > 72 );
    }

    public static void main(String[] args)
    {
        int thescore = 56;
        if(isAbove(thescore) == true)
            System.out.print("Above average");
        else
            System.out.print("Below average");
    }
}

出力:

Below average

最初のメソッドは、戻り値をブール値として宣言し、受け入れ可能なパラメーターを int として宣言します。このメソッドの return ステートメントは、パラメーターが 72 を上回っているか下回っているかに基づいて、boolean タイプになります。渡された int 値が 72 未満の場合、メソッドは false を返し、渡された値が 72 を超えている場合、メソッドは false を返します。true を返します。

以下のメソッドは、ブールメソッドから返された値を使用して、指定されたスコアが平均スコアを上回っているか下回っているかを判別します。これにより、コードが簡素化され、開発者が各値の比較プロセスを繰り返す必要がなくなります。

Java のリストのブールメソッドを返す

以下のサンプルコードは、ブールメソッドの return ステートメントを使用して、クラスで 75 点を超えた生徒の数を確認します。

import java.util.*;

import java.util.*;
public class booleanMethod {
  
    public static boolean isAbove (int thescore)
    {
        return (thescore > 75 );
    }

    public static void main(String[] args)
    {
        int aboveAverage=0;
        int belowAverage=0;
        List <Integer> classscores= new ArrayList<>(); 
        classscores.add(90);
        classscores.add(63);
        classscores.add(72);
        classscores.add(75);
        classscores.add(81);
        classscores.add(52);
        classscores.add(69);
        classscores.add(78);
        
        for (int i=0; i<classscores.size(); i++){
            if(isAbove(classscores.get(i))==true){
            aboveAverage++;
            }else{
            belowAverage++;
            }
          
        }
        System.out.print( aboveAverage +
		" scored above 75 and "+ belowAverage 
		+  " scored below 75"); 
    }
}

出力:

3 scored above 75 and 5 scored below 75

関連記事 - Java Function

  • Java 関数で 2つの値を返す
  • Java で関数をパラメータとして渡す方法