C# で 2D 配列の長さを取得する

  1. C# の Array.GetLength() 関数を使用して 2D 配列の幅と高さを取得する
  2. C# の Array.GetUpperBound() 関数を使用して 2D 配列の幅と高さを取得する

このチュートリアルでは、C# で 2D 配列の長さ(幅と高さ)を取得する方法を紹介します。

C# の Array.GetLength() 関数を使用して 2D 配列の幅と高さを取得する

Array.GetLength(x) 関数は、C# の多次元配列の x インデックス内の要素の数を取得します。Array.GetLength() 関数のパラメーターに 01 を渡して、2D 配列の幅と高さの内側の要素の数を取得できます。次のコード例は、C# の Array.GetLength() 関数を使用して 2D 配列の幅と高さを取得する方法を示しています。

using System;

namespace width_and_height_of_2d_array
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int[,] array2D = new int[5, 10];
            Console.WriteLine(array2D.GetLength(0));
            Console.WriteLine(array2D.GetLength(1));
        }
    }
}

出力:

5
10

上記のコードでは、C# の array2D.GetLength() 関数のパラメーターとして 01 を渡すことにより、2D 配列 array2D の幅と高さを取得しました。

C# の Array.GetUpperBound() 関数を使用して 2D 配列の幅と高さを取得する

Array.GetUpperBound(x) 関数は、C# の 2D 配列の x 次元の最後の要素のインデックスを取得します。Array.GetUpperBound() 関数のパラメーターとして 01 を渡して、次元 01 の最後のインデックスを見つけ、出力に 1 を追加して幅を取得できます。2D 配列の高さ。次のコード例は、C# で Array.GetUpperBound() 関数を使用して 2D 配列の幅と高さを見つける方法を示しています。

using System;

namespace width_and_height_of_2d_array
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            int[,] array2D = new int[5, 10];
            Console.WriteLine(array2D.GetUpperBound(0)+1);
            Console.WriteLine(array2D.GetUpperBound(1)+1);
        }
    }
}

出力:

5
10

上記のコードでは、array2D.GetUpperBound() 関数のパラメーターとして 01 を渡し、結果に 1 を追加することで、2D 配列 array2D の幅と高さを取得しました。

関連記事 - Csharp Array

  • C# で配列の長さを取得する
  • C# で配列を並べ替える
  • C# で配列を降順で並べ替える
  • C# で文字列をバイト配列に変換する方法