Python Numpy.log()-自然対数

  1. numpy.log() の構文
  2. コード例: numpy.log()
  3. コード例: numpy.log2() - 基数が 2 の対数
  4. コード例: numpy.log10() - 基数が 2 の対数

Numpy.log() 関数は、指定された配列内の各要素の自然対数を計算します。

派手な自然対数

numpy.log() の構文

numpy.log(arr) 

パラメーター

arr 入力配列

戻り値

入力配列の各要素の自然対数の配列を返します。

コード例: numpy.log()

import numpy as np

arr = [1, np.e, np.e**2, np.e**3]
print(np.log(arr))

出力:

[0. 1. 2. 3.]

コード例: numpy.log2() - 基数が 2 の対数

numpy.log2()numpy.log() に似ていますが、基数は e ではなく 2 になります。

numpy log2

import numpy as np

arr = [1, 2, np.e, 4]
print(np.log2(arr))

出力:

[0. 1. 1.44269504 2.]

コード例: numpy.log10() - 基数が 2 の対数

numpy.log10()numpy.log() に似ていますが、底が e ではなく 10 になります。

numpy log10

import numpy as np

arr = [1, np.e, 10, 100]
print(np.log10(arr))

出力:

[0. 0.43429448 1. 2.]
comments powered by Disqus