Python チュートリアル-ファイル操作

  1. ファイルを開く
  2. ファイルを閉じる
  3. ファイルオブジェクト
  4. ファイルを書く
  5. ファイルを読む
  6. ファイルの名前を変更して削除する

このセクションでは、Python プログラミングでファイルを操作する方法を学習します。

Python を使用すると、ファイルを開いたり、ファイルに対して何かを読み書きしたり、ファイルを閉じたりできます。これは、いくつかのファイル操作関数を使用して実行できます。ファイルに対して操作を実行するには、最初にファイルのオブジェクトを作成する必要があります。

ファイルを開く

ファイルは open() 関数を使用して開くことができます。ファイルオブジェクトが作成され、後でファイルに対して操作を実行するために使用されます。

ファイルを開くための構文は次のとおりです。

obj = open(fileName, mode)

fileName はファイルの名前で、mode はファイルを開くモードを定義します。たとえば、読み取りモードでファイルを開くには r です。

fobj = open("PythonExamplefile.txt", 'r')

ファイル PythonExamplefile は読み取りモードで開かれます。

ファイルを開くモード

モード 意味
r ファイルは読み取りモードで開かれます。
rb ファイルは読み取りモードでバイナリ形式で開かれます。
r+ ファイルは読み取りモードと書き込みモードの両方で開かれます。
rb+ ファイルは、バイナリ形式で読み取りモードと書き込みモードの両方で開かれます。
w ファイルは書き込みモードで開かれます。ファイルが存在しない場合、新しいファイルが作成されます。ファイルが存在する場合、上書きされます。
wb ファイルは、バイナリ形式で書き込みモードで開かれます。ファイルが存在しない場合、新しいファイルが作成されます。ファイルが存在する場合、上書きされます。
w+ ファイルは読み取りモードと書き込みモードの両方で開かれます。ファイルが存在しない場合、読み取りおよび書き込み用に新しいファイルが作成されます。ファイルが存在する場合、上書きされます。
wb+ ファイルは、バイナリ形式で読み取りモードと書き込みモードの両方で開かれます。ファイルが存在しない場合、読み取りおよび書き込み用に新しいファイルが作成されます。ファイルが存在する場合、上書きされます。
a ファイルは追加モードで開かれます。新しいデータはファイルの最後に書き込まれます。ファイルが存在しない場合、書き込み用に新しいファイルが作成されます。
ab ファイルは、バイナリ形式で追加モードで開かれます。新しいデータはファイルの最後に書き込まれます。ファイルが存在しない場合、読み取りおよび書き込み用に新しいファイルが作成されます。
a+ ファイルは、追加モードと読み取りモードの両方で開かれます。新しいデータはファイルの最後に書き込まれます。ファイルが存在しない場合、読み取りおよび書き込み用に新しいファイルが作成されます。
ab+ ファイルは、追加モードと読み取りモードの両方で開かれます。新しいデータはファイルの最後に書き込まれます。ファイルが存在しない場合、読み取りおよび書き込み用に新しいファイルが作成されます。

ファイルを閉じる

ファイルに対して操作を実行した後、ファイルを閉じる必要があります。close() メソッドはファイルを閉じるために使用されます。

fobj.close()
fobj = open("PythonExamplefile.txt", 'r')
#operations on file
fobj.close()

ファイルオブジェクト

ファイルを開くと、操作を実行するために使用できるファイルオブジェクトが作成されます。たとえば、ファイルの名前、ファイルを開くモードなど、ファイルに関する情報を取得できます。

fobj = open("PythonExamplefile.txt", 'r')
print("File name", fobj.name)
print("File mode", fobj.mode)
fobj.close()

結果:

File name PythonExamplefile.txt
File mode r

ファイルを書く

write() メソッドはファイルに何かを書き込むために使用されます。書き込むには、ファイルを開く必要があります。

write() メソッドを使用する構文は次のとおりです。

fobj.write("string")

例:

fobj=open("PythonExamplefile.txt", 'w')
fobj.write("Hello Python Programming")
fobj.close()

次の内容がファイルに書き込まれます。

Hello Python Programming

ファイルを読む

read() メソッドを使用してファイルから読み取ることができます。ファイルからの読み取りは、ファイルから入力を取得しています。

ファイルから読み取るための構文は次のとおりです。

fobj.read(numberofBytes)

ここで、numberofBytes はファイルから読み取られる合計バイト数です。

fobj=open("PythonExamplefile.txt", 'r')
content = fobj.read(5)
print(content)
fobj.close()
Hello

ファイルの名前を変更して削除する

ファイルの名前を変更する

rename() メソッドはファイルの名前を変更するために使用されます。

rename() の構文は次のとおりです。

os.rename(currentName, newName)

ここで、os は、オペレーティングシステムに依存する機能を実行できるモジュールです。

例:

import os
os.rename("PythonExamplefile.txt", "Python.txt")

現在、ファイルの新しい名前は Python.txt です。

ファイルを削除する

ファイルは remove() メソッドを使用して削除されます。

remove() の構文は次のとおりです。

os.remove(nameofFile)

例:

import os
os.remove("Python.txt")
comments powered by Disqus