Python チュートリアル - Hello World

基本的な Python「Hello World」プログラムから始めます。

>>> print("Hello World!")
Hello World!

それでおしまい! Python のシンプルさは、その構文によってわかります。C \ C++のようにヘッダーファイルは含まれていません。メイン関数などを定義する必要はありません。また、ステートメントターミネータは不要であり、print とコンテンツ「Hello World」をかっこ内に二重引用符で囲んで記述するだけです。

Python 基本構文

2つの数値を乗算する以下のコードを検討してください。

# Multiplying two numbers
x = 4
y = 2
result = x * y
print(result)
8

上記プログラムの説明

  1. 最初の行は、# で始まるコメントです。コメントは、実行されないが無視される行です。そのため、プログラムの通常の流れを妨げることはありません。
  2. 次の行「x = 4」は変数の定義です。変数の名前は 4 を格納する x です。
  3. 同様に、y = 2 が表示されます。y は 2 を格納する変数です。
  4. result = x * y は、乗算式x * y を評価し、結果を変数 result に保存する Python ステートメントです。2つの数値を複数指定するには、「*」演算子を使用します。
  5. print() ステートメントは、画面に変数の文字列または値を出力するために使用されます。

ここで中括弧(区切り記号)がないことに注意してください。Python では、ブロックのインデントを表すために使用されます。たとえば、クラスを作成する場合、次のようにインデントを使用する必要があります。

class1:
    class2:
        statements
    class2:
        statements
comments powered by Disqus