JavaScript チュートリアル - 変数

  1. 変数定義
  2. 変数識別子ルール
  3. 変数を宣言する
  4. ES6 の let 変数と const 変数

このチュートリアルでは、JavaScript 変数について学習します。

変数定義

変数は、情報を保存するためにプログラムで使用されます。訪問者の年齢、またはユーザーの名前です。変数は情報を保存し、後で再び使用できます。

JavaScript で必要なほとんど何でも変数に名前を付けることができますが、いくつかのルールがあります。

変数識別子ルール

1.変数は、文字、数字、およびアンダースコアで構成できますが、小文字、大文字、またはアンダースコアで始まる必要があり、数字で開始することはできません。 2. JavaScript キーワードの使用は許可されていません。 3.変数名では大文字と小文字が区別されます。 4.変数名にスペースを含めることはできません。

変数を宣言する

構文

var <variable-name>;
// or 
var <variable-name> = <value>;

JavaScript 変数宣言の例

var x = 1;

変数を使用する前に宣言する必要があります。キーワード var を使用してから、上記の例の x のような変数名を使用します。宣言とともに変数の値を初期化することも、後で値を割り当てることもできます。

JavaScript には動的変数データ型があり、変数に異なるデータ型を問題なく割り当てることができます。

他のプログラミング言語とは異なり、変数を宣言するときに変数の型を指定する必要があり、その後で型を変更できませんでした。

JavaScript 複数変数宣言

複数の変数は、カンマ「、」で区切られた 1 行で宣言できます。

var one, two, three = 1, 2, 3;

var を使用しない JavaScript 変数宣言

JavaScript で変数を var なしで宣言できますが、値を直接割り当てる必要があります。

one = 1;
two = 2;
three, four = 3, 4;

ES6 の let 変数と const 変数

var キーワードは関数のスコープ内で変数を宣言しますが、ES6 で導入された let および const キーワードは変数スコープをブロックレベル「{}」まで拡張します。

const キーワードで宣言された変数は宣言後に再割り当てできませんでしたが、let で宣言された変数は再割り当てできました。

> let A = "1"
> A = "2"
"2"
> const B = 1;
> B = 2
VM944:1 Uncaught TypeError: Assignment to constant variable.
    at <anonymous>:1:3
comments powered by Disqus