JavaScript チュートリアル - はじめに

  1. JavaScript とは
  2. JavaScript でできること
  3. HTML に JavaScript を含める
  4. このチュートリアルで使用されるインターネットブラウザ

JavaScript とは

プログラミングに慣れていない場合は、おそらく Java と呼ばれるプログラミング言語を聞いたことがあるでしょう。そして、あなたは JavaScript がまったく異なる言語であることを学んでいます。

JavaScript は、現時点で最も人気のあるクライアント側スクリプト言語です。クライアント側とは、すべてのコードがクライアントまたはユーザーのコンピューターで実行されることを意味します。ユーザーのコンピューターはサーバーに要求を送信し、サーバーはコンピューターに応答を送信します。そのため、スクリプト言語には 2 種類あります。JavaScript のようなクライアント側スクリプト言語と、PHP などのサーバー側スクリプト言語ジャンゴ。

JavaScript の学習を開始する前に、JavaScript が動作し、CSS を使用して Web ページの HTML 要素を変更するため、単純な Web ページを構築するために HTMLCSS を知る必要があります。

JavaScript でできること

  1. JavaScript を使用して、Web ページが読み込まれた後に Web ページの外観を変更できます。サーバー側のスクリプト言語ではできません。静的な HTML ドキュメントではできません。JavaScript を使用して、Web ページを動的で応答性の高いものにすることができます。
  2. JavaScript を使用して、静的 Web ページをカレンダー、ノートブック、さらにはゲームなどの実際のアプリケーションに変えることができます。

HTML に JavaScript を含める

スクリプトタグまたは JavaScript を Web ページに含めます。

<script src="js_name.js"></script>

この Web ページでスクリプト言語が使用されていることをブラウザに伝えます。そして、scr = の後にスクリプトファイルとスクリプト言語を指定できます。

このチュートリアルで使用されるインターネットブラウザ

このチュートリアルシリーズでは、Chrome ブラウザを使用します。これは、JavaScript コードを簡単にデバッグするための「コンソール」などの統合開発ツールを備えているためです。

[Chrome]ブラウザは公式ウェブサイトからダウンロードできます。

comments powered by Disqus