Git チュートリアル-ブランチ

  1. なぜブランチが必要なのですか?
  2. Git で新しいブランチを作成する
  3. Git でブランチを削除する
  4. Git で新しいブランチを同時に作成してチェックアウトする

このチュートリアルでは、git バージョン管理システムの最も重要なインポート機能の 1つであるブランチについて学習します。

なぜブランチが必要なのですか?

これまで、1つのブランチ(master ブランチ)のみに取り組んできました。これは、新しいリポジトリを作成するときのデフォルトのブランチです。

一般的に、master ブランチはコードの安定バージョンを表し、リリースまたは公開されるコードを対象としています。そのため、master ブランチの新しいコードでコードが台無しになった場合に備えて、新しいコードで新しい機能を試したくありません。

アプリケーションに新しい機能を追加したい場合、私たちが本当にやりたいことは、この新しい機能を試すための隔離された環境を作成し、それを終了してテストする場合、この新しい機能を master ブランチ。master ブランチにコミットを追加する代わりに、新しいブランチを作成して、隔離された環境として動作し、新しい機能をテストします。

Git で新しいブランチを作成する

$ git branch test_branch

このブランチを test_branch にするときにここで行っているのは、master ブランチのコードの状態をこのブランチにコピーして、そもそもこの test_branch ブランチで作業できることです。

次のように入力して、PC で利用可能なブランチを一覧表示できます。

$ git branch
* master
  test_branch

新しく作成された test_branchmaster ブランチがここにリストされます。

新しいブランチを作成したばかりですが、今でもあなたは master ブランチにいます。作業するには、新しいブランチをチェックアウトする必要があります。

$ git checkout test_branch
Switched to branch 'test_branch'
D       test1_rename.txt

ブランチ test_branch に切り替えられたので、再度git branch を実行すると、

$ git branch
  master
* test_branch

次に、アスタリスク「*」が test_branch の前にあり、master ではないため、test_branch ブランチにいることがわかります。

This is the added line in branch test_branch. のように、ファイル test3.txt にテキストを追加してみましょう。さて、「git status」を実行すると、このファイルを変更したことがわかります。

$ git status
On branch test_branch
Changes not staged for commit:
  (use "git add <file>..." to update what will be committed)
  (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)

    modified:   test3.txt

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

前の章で学んだように、このブランチへの変更をコミットできます。

私たちが行ったことは、この新しいブランチを作成し、master ブランチから分離されたいくつかの変更を加えたことです。master ブランチのコードは変更されず安定しています。

Git でブランチを削除する

ブランチに追加された新しい機能に満足したら、削除できます。

$ git checkout master
$ git branch -d test_branch
error: The branch 'test_branch' is not fully merged.
If you are sure you want to delete it, run 'git branch -D test_branch'.

branch の後の -d パラメータは、指定されたブランチを削除することを意味します。

The branch 'test_branch' is not fully merged. If you are sure you want to delete it, run 'git branch -D test_branch'. というエラーが発生しました。削除したい場合は、「git branch -D test_branch」を実行してください。小文字の d はブランチをマージした後にのみ機能しますが、大文字の D はブランチを強制的に削除できます。次の章でブランチをマージする方法を紹介しますが、今のところは、大文字の D を使用してこのブランチを削除しましょう。

$ git branch -D test_branch
Deleted branch test_branch (was 7d6bca6).

ブランチを今すぐチェックすると、master ブランチのみが表示されます。

$ git branch
* master

Git で新しいブランチを同時に作成してチェックアウトする

上記のワークフローでは、最初に「git branch」を使用してブランチを作成し、次に「git checkout」を使用してこのブランチをチェックアウトします。

これらの 2つのステップを 1つにまとめるより簡単な方法があります。

$ git checkout -b new_test_branch
Switched to a new branch 'new_test_branch'
M       test3.txt

それが行うことは、ブランチを作成し、同様にチェックアウトすることです。したがって、これらの 2つの手順を個別に実行する必要はありません。

comments powered by Disqus