Python でファイルにテキストを追加する方法

  1. a モードでファイルにテキストを追加するための file.write
  2. Python 3 の print 関数にオプションの file パラメーターを追加します
  3. ファイルにテキストを追加する際に新しい行を追加します

このチュートリアル記事では、Python でファイルにテキストを追加する方法を紹介します。

a モードでファイルにテキストを追加するための file.write

ファイルにテキストを追加する場合は、ファイルを a モードまたは a+ モードで開くことができます。

destFile = r"C:\Test\Test.txt"
with open(destFile, 'a') as f:
    f.write("some appended text")

上記のコードは、ファイルの最後の文字の隣にテキスト some append text を追加します。たとえば、ファイルが「これは最後の文です」で終わる場合、追加後に「これは最後の文です」というテキストになります。

指定されたパスにファイルが存在しない場合、ファイルを作成します。

Python 3 の print 関数にオプションの file パラメーターを追加します

Python 3 では、オプションの file パラメーターを有効にして、ファイルにテキストを「印刷」できます。

destFile = r"C:\Test\Test.txt"
with open(destFile, 'a') as f:
    print("The result will be {}".format(Result), file=f)

ファイルにテキストを追加する際に新しい行を追加します

新しい行にテキストを追加する場合は、追加されたテキストの後にキャリッジブレーク \ r \ n を追加して、次の追加されたテキストが新しい行に追加されることを保証する必要があります。

destFile = r"C:\Test\Test.txt"
with open(destFile, 'a') as f:
    f.write("the first appended text\r\n")
    f.write("the second appended text\r\n")
    f.write("the third appended text\r\n")

関連記事 - Python File Operation

  • Python でファイルから特定の行を読み取る方法
  • comments powered by Disqus