Python で配列を宣言する

  1. Python で list クラスで表現される配列の宣言
  2. Python で array モジュールをインポートして配列を宣言する

このチュートリアルでは、Python で配列を宣言するためのさまざまなメソッドを紹介します。リストにはさまざまなタイプの値を含めることができるため、配列の概念は通常、リストの概念と混合されます。配列の概念は、C 言語タイプの機能を提供するため、ほとんど使用されません。このチュートリアルでは、Python でリストと配列を宣言する方法について説明します。

Python で list クラスで表現される配列の宣言

配列の概念は、リストの概念と混同されることがよくあります。リストは、動的な長さを持つ異種アイテムのコレクションであり、データ型は異なる場合があります。ただし、配列は、同種のアイテムのコレクションを明示的に処理するオブジェクトのコレクションです。簡単に言うと、配列は list クラスで表され、反対側に角括弧が付いた代入演算子を使用して簡単に割り当てることができます。

リストの項目には、必要なインデックスを渡すだけでアクセスできます。たとえば、temp[2] は 3 番目のアイテムにアクセスします。アイテムは、temp.append() モジュールを使用して、最後に追加するアイテムとともに追加できます。さらに、insert(x,y) 関数を使用して、必要なインデックスに要素を挿入できます。インデックスには x 値を指定でき、値には y 値を指定できます。逆の順序で要素にアクセスする場合も、インデックス値を負にすることができます。

以下のサンプルコードは、Python で配列をリストとして定義する方法と、使用できる機能を示しています。

temp = [1,2,3,"s",5]
print(temp[-2])
temp.insert(4,6)
print(temp[-2])
temp.append('f')
print(temp)

出力:

s
6
[1, 2, 3, 's', 6, 5, 'f']

Python で array モジュールをインポートして配列を宣言する

同種の要素のみを含む機能で配列を本当に初期化したい場合は、array モジュールが配列ライブラリからインポートされます。配列は、括弧と基本的に 2つのパラメーターで定義されます。最初のパラメーターは、要素のtypeを定義する type code であり、別のパラメーターは、角括弧で囲まれた要素のリストです。前提条件として Python で宣言する必要はありません。

配列の要素には、array.index(x) 関数からアクセスできます。ここで、x は配列のインデックスです。同様に、挿入操作は、array.insert(i,x) 関数を使用して配列に対して実行することもできます。ここで、i はインデックスであり、x は挿入される値です。

Python で配列を作成する方法を示すために、サンプルコードを以下に示します。

from array import array
temp_array = array('i', [1,2,3,4,5])
print(temp_array.index(2))
temp_array.insert(2, 6)
print(temp_array)

出力:

1
array('i', [1, 2, 6, 3, 4, 5])

関連記事 - Python Array

  • Python で 2 次元配列を開始する方法