Vim/Vi で元に戻す操作とやり直し操作を実行する方法

  1. Vim/Vi の変更を元に戻す
  2. Vim/Vi での変更のやり直し

VimVi は Linux や Mac ユーザの間で最も人気のあるテキストエディタの一つである。

Vim の変更を元に戻すには u, :u, :undo コマンドを使います。同様に、変更をやり直すには Ctrl-R: redo コマンドを使います。

Vim/Vi の変更を元に戻す

Vim は特定のファイルに加えられたすべての変更を監視する。元に戻すコマンドは 1つ以上の変更を元に戻すことができます。最新の変更が最初に元に戻され、次に前の変更が元に戻されます。Vim の変更を元に戻すには、u, :u または :undo コマンドを使います。

Vim/Vi の変更を元に戻す手順

  • Vim の変更を元に戻すには、通常モードになっていることを確認する必要があります。通常モードになっていない場合は、Esc キーを押して通常モードに切り替えることができます。
  • 最新の変更を元に戻すには、u コマンドを使用します。
  • 複数の変更を一度に元に戻すには、u コマンドに数字を付けて使用します。nu コマンドを使うと、最新の n つの変更を元に戻すことができます。

u の場合は注意が必要である。誤って U を押してしまうと、1 行の最新の変更をすべて元に戻してしまうからである。U を押すと、u を使って変更を元に戻すことができます。

挿入モードでファイルを編集した場合、セッション中に行われた変更はすべて元に戻すツリーの 1つのエントリとして扱われます。

挿入モードに切り替えた後に 2 行を削除し、通常モードに切り替えた後に u コマンドを使うと、2 行とも元に戻ります。

Vim/Vi での変更のやり直し

redo アクションは undo アクションの逆である。ファイル内で取り消した変更をやり直すには、Ctrl-R または : redo コマンドを使います。

Vim/Vi の変更をやり直す手順

  • Vim のコマンドを実行するには、通常モードになっていることを確認する必要がある。通常モードになっていない場合は、Esc キーを押して通常モードに切り替えることができます。
  • 変更をやり直すには、Ctrl-R(Ctrlr キーを同時に押す)または :redo コマンドを使用します。
  • 複数の変更を一度にやり直すには、Ctrl-R コマンドで数字を使う。3 Ctrl-R (3 を押してから Ctrl キーと r キーを同時に押す) すると、最新の 3つの変更をやり直すことができる。

変更を元に戻してから、元に戻した変更をやり直すというサイクルで、元に戻すコマンドとやり直すコマンドを使い分けることができます。

comments powered by Disqus