Vim/Vi で行番号を有効にする方法

  1. Vim/Vi での絶対的な行番号付け
  2. 相対的な行番号付け
  3. ハイブリッドな行番号付け
  4. Vim の行番号を永久に有効にする

Vim と Vi は Linux ユーザの間で最もよく使われているテキストエディタの一つです。行番号付けは、ペアプログラミングやスクリプトのデバッグ、特定の行の表示など、テキストエディタには欠かせない機能です。

Vim と Vi のエディタでは行番号機能はデフォルトでは無効ですが、設定を変更することで簡単に有効にすることができます。Vim と Vi は 3 種類の行番号付けをサポートしています。絶対値、相対値、ハイブリッドの 3 種類です。

Vim/Vi での絶対的な行番号付け

絶対行番号付けとは、連続した行の番号付けを表す番号付け方法です。

Vim/Vi で絶対行番号付けを有効にする

Vim/Vi で絶対行番号を有効にするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • Esc キーを押してコマンドモードに切り替える。
  • ここで : を押すと、ターミナルの左下にカーソルが表示されます。
  • 絶対ナンバリングを有効にするには、set numberset nu と入力して、Enter を押す。

絶対ナンバリングを有効にするには、`set number` か `set nu` と入力し、`Enter` を押す。

Vim/Vi で絶対行番号を無効にする

Vim/VI で絶対行番号を無効にするには、コマンドバーに set nonumber または set nu! コマンドを入力してから Enter を押します。

相対的な行番号付け

相対行番号付けとは、カーソルの位置を基準に行番号を表す番号付け方法です。

Vim/Vi で相対的な行番号付けを有効にする

Vim/Vi で相対行番号を有効にするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • Esc キーを押してコマンドモードに切り替える。
  • カーソルがターミナルの左下に表示されるので、:を押す。
  • 絶対数を有効にするには、set reltivenumber または set rnu と入力してから Enter キーを押す。

Vim 相対行番号

図では、カーソルは絶対ナンバリングで 4 行目にあります。なので、ここでの行番号付けは 4 行目を基準にして行われています。

Vim/Vi で相対的な行番号付けを無効にする

Vim/Vi で相対的な行番号付けを無効にするには、コマンドバーに set norelativenumber または set nornu コマンドを入力してから Enter を押します。

ハイブリッドな行番号付け

ハイブリッド線番号付けとは、絶対番号付けと相対番号付けの両方を組み合わせた番号付け方法です。

Vim/Vi でハイブリッド線番号付けを有効にする

Vim/Vi でハイブリッド行番号を有効にするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • Esc キーを押してコマンドモードに切り替える。
  • ここで : を押すと、ターミナルの左下にカーソルが表示されます。
  • 絶対数を有効にするには、set number relativenumber と入力してから Enter キーを押す。

hybrid_numbering_vim

図では、カーソルは絶対ナンバリングで 4 行目にある。したがって、行番号 4 以外の他の行のナンバリングは行番号 4 を基準にして行われますが、行番号 4 のナンバリングは絶対ナンバリングで行われています。

Vim/Vi でハイブリッド行番号付けを無効にする

Vim/Vi でハイブリッド行番号を無効にするには、コマンドバーに set nonumber norelativenumber コマンドを入力してから Enter を押します。

Vim の行番号を永久に有効にする

上記の方法は永続的には持続しません。一度 Vim/Vi エディタを閉じて再度開くと、デフォルトモードに切り替わってしまいます。

Vim の行番号を永続的に有効にするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • Vim の設定ファイル .vimrc をコマンドで開く。
    vim ~/.vimrc
    
  • Vim の設定ファイル .vimrc を開きます。
    :set [required_mode]
    

    ホームディレクトリに .vimrc ファイルがない場合は、vim .vimrc コマンドを使って簡単に作成することができます。

comments powered by Disqus