JavaScript で特定の長さの配列を作成する

  1. JavaScript で Array() コンストラクターを使用して長さの配列を作成する
  2. JavaScript の apply() メソッドを使用して長さの配列を作成する
  3. JavaScript の map() メソッドを使用して長さの配列を作成する
  4. JavaScript の fill() メソッドを使用して長さの配列を作成する

JavaScript では、特定の長さの配列を作成または宣言し、配列内に必要な値を挿入する必要がある場合があります。これは、さまざまな方法を使用して実現できます。

以下は、JavaScript で特定の長さの配列を作成するための最も簡単な方法のいくつかです。ほとんどの場合、特定の長さの配列を作成または宣言する必要がないため、これが必要であると思われる場合にのみこれを使用してください。動的に配列を作成して使用できます。

JavaScript で Array() コンストラクターを使用して長さの配列を作成する

特定の長さの空の配列を作成する最初の方法は、Array() コンストラクターを使用し、それに引数として整数を渡すことです。コンストラクターを呼び出しているので、new キーワードを使用します。

var arr = new Array(5);
console.log(arr)

出力:

[undefined, undefined, undefined, undefined, undefined]

JSlint を使用している場合、問題が発生する可能性があるため、特定の長さの配列を作成するこの方法はお勧めしません。この方法はあいまいであり、特定の長さの配列を作成するだけでなく、次のように値を含む配列を作成するなどの他のことを行うためにも使用できます。

var arr_2 = new Array('5');
console.log(arr_2)

出力:

[ "5" ]

JavaScript の apply() メソッドを使用して長さの配列を作成する

Array コンストラクターは、apply() と呼ばれるメソッドを提供します。この apply() メソッドを使用すると、配列の形式でメソッドに引数を指定できます。apply() メソッドは 2つの引数を取ります。最初の引数は this 引数への参照であり、2 番目は配列です。

var myArr = Array.apply(null, Array(5));
console.log(myArr);

出力:

[undefined, undefined, undefined, undefined, undefined]

特定の長さの空の配列、たとえば 5 を作成するには、最初の引数として null を渡し、2 番目は配列 Array(5) です。これにより、長さ 5 の配列が作成され、各要素が undefined の値で初期化されます。

または、次のこともできます。ここでは、配列オブジェクトを 2 番目のパラメーターとして渡し、その中に作成する配列の長さ(この場合は 5)を定義できます。

var arr = Array.apply( null, { length: 5 } );
console.log(arr);
console.log(arr.length);

出力:

[undefined, undefined, undefined, undefined, undefined]
5

JavaScript の map() メソッドを使用して長さの配列を作成する

特定の長さの配列を作成する別の方法は、JavaScript で map() メソッドを使用することです。ここで、Array(5) コンストラクターは長さ 5 の空の配列を作成します。これは前に見たものと似ています。次に、スプ​​レッド演算子 ... を使用して、配列のすべての要素をスプレッドし、これをこの Array(5) のように角括弧で囲みます。これにより、長さ 5 の配列が作成され、各要素の値は undefined になります。次に、この配列を初期化するために、map() メソッドを使用します。

[...Array(5)].map(x => 0);

出力:

[0, 0, 0, 0, 0]

map() メソッドを使用して、x 変数内のすべての要素を取得し、それに値ゼロを追加します。これにより、配列のすべての要素がゼロに初期化されます。

JavaScript の fill() メソッドを使用して長さの配列を作成する

fill() メソッドも map() と同じように機能します。唯一のことは、fill() がパラメータとして関数を受け取らないことです。値を直接入力として受け取ります。以下に示すように、特定の長さ Array(5) の配列を作成してから、配列に整数値を入力できます。

Array(5).fill(0);
// [0, 0, 0, 0, 0]

関連記事 - JavaScript Array

  • JavaScript の一意の配列
  • JavaScript で配列にオブジェクトを追加する