JavaScript で文字列の最後の文字を取得する

  1. JavaScript の substr(-1) 関数を使用して文字列の最後の文字を抽出する
  2. charAt 関数を使用して文字列の最後の文字を取得する
  3. slice(-1)関数を使用して最後の文字を取得する
  4. 文字列の最後のインデックスを取得する
  5. Javascipt の split() 関数の使用
  6. 概要

先に進む前に、JavaScript が string オブジェクトをどのように理解するかをお知らせください。C、Java などの他のプログラミング言語とは異なり、javascript は文字列を文字の配列と見なします。したがって、文字列に対して配列操作を実行して、最後の文字を取得できます。以下の JavaScript の組み込み関数を使用できます。この目的に使用できます。

JavaScript の substr(-1) 関数を使用して文字列の最後の文字を抽出する

substr()は、最も一般的に使用される関数 substring()に似ています。これらの関数のいずれかを使用して、パラメーター値に基づいて文字列の一部を取得できます。substr()は 2つのパラメータを受け入れます。1つは、部分文字列をフェッチする必要がある場所からの index0から始まります)と部分文字列の長さです。次のコードスニペットに示すように、文字列の最後の文字を取得するために、パラメータとして-1を substr()関数に渡すことができます。

var a = "hello";
console.log(a.substr(-1));

出力:

o

substring()関数を使用して、文字列の最後の文字を取得することもできます。開始インデックスと終了インデックスの 2つのパラメータを取ります。したがって、文字列オブジェクトから最後の文字を取得するには、開始インデックスを文字列の長さ-1として定義し、終了インデックスを文字列の長さとして定義します。

var a = "hello";
console.log(a.substring(a.length-1, a.length));

出力:

o

charAt 関数を使用して文字列の最後の文字を取得する

charAt()関数は、文字列の指定された位置にある文字を返します。目的の文字の位置をパラメータとして取ります。したがって、文字列の最後の文字をフェッチするには、文字列の長さ-1(文字列インデックスは 0から始まるため)をパラメータとして渡すことができます。以下の使用法を参照してください。

var a = "hello";
console.log(a.charAt(a.length - 1));

出力:

o

slice(-1)関数を使用して最後の文字を取得する

slice()関数は、文字列を操作するために一般的に使用されるメソッドでもあります。これは、受け入れられる引数の substring()関数に似ています。どちらの関数も、開始インデックスと終了インデックスの 2つのパラメーターを受け入れます。slice(-1)が文字列の最後の文字を与えるため、動作が異なります。したがって、文字列の最後の文字を取得するための substr()に似ています。

var a = "hello";
console.log(a.slice(-1));

出力:

o

文字列の最後のインデックスを取得する

従来の方法を使用して、JavaScript で文字列の最後の文字を取得することもできます。javascript は文字列オブジェクトを文字の配列と見なすため、string[length - 1]構文を使用してその配列の最後の要素を取得できます。これは、C や Java などの他のプログラミング言語で文字配列を処理するのと似ています。

var a = "hello";
console.log(a[a.length-1]);

出力:

o

Javascipt の split() 関数の使用

split()関数を使用すると、文字列をさまざまなサブ文字列に分割できます。この関数は、パラメーターとして渡す区切り文字に基づいて文字列を分割します。文字列の最後の文字を取得するために、区切り文字として""(空の文字)を使用し、配列内のすべての文字を個別に取得できます。次に、配列の最後の要素を取得する必要があります。これを行うには、一般的に使用される配列構文である array[array.length]を使用して、配列から特定のインデックスにある要素をフェッチします。

var a = "hello";
console.log(a.split("")[a.length - 1]);

出力:

o

概要

文字列から最後の文字を抽出するために上記で説明したすべてのメソッドを要約すると、それらすべてを 1つのコードスニペットにまとめることができます。substr(-1)slice(-1) は、とりわけ最も使いやすいです。

var a = "hello";
console.log(a.substr(-1));
console.log(a.substring(a.length-1, a.length));
console.log(a.charAt(a.length - 1));
console.log(a.slice(-1));
console.log(a[a.length-1]);
console.log(a.split("")[a.length - 1]);

出力:

o
o
o
o
o
o

ノート

  • この記事で説明されている関数はいずれも、元の文字列を変更しません。したがって、副作用なしにアプリケーション全体で安全に使用できます。
  • すべての機能は、古いバージョンの Internet Explorer を含め、すべてのブラウザーでサポートされています。

関連記事 - JavaScript String

  • JavaScript で複数行の文字列を書く
  • JavaScript で文字列を数値に変換する