SciPy scipy.stats.sem 関数

SciPy scipy.stats.sem 関数

Python Scipy scipy.stats.sem() 関数は、提供されたデータの平均の標準誤差を計算します。平均の標準誤差は、サンプリングされた平均が実際の母平均からどれだけ離れているかを示します。 scipy.stats.sem() の構文: scipy.stats.sem(a , axis=0, ddof=1) パラメーター a 標準誤差が計算される要素を持つ配列。 axis オプションのパラメータ。平均の標準誤差が計算される軸。デフォルトでは、axis = 0(横軸) ddof オプションのパラメータ。これは、サンプルサイズから操作中に計算する必要のあるパラメーターの数を引いたものに等しい自由度を表します。デフォルト値は 1 です。 戻り値 平均の標準誤差を返します。値は、使用されるパラメーターと自由度に基づいて、要素の配列または単精度浮動小数点数にすることができます。

2022年2月8日 SciPy SciPy Stats

人気記事

最新記事