Python Numpy.linalg.inv()-逆行列

  1. numpy.linalg.inv() の構文
  2. コード例: numpy.linalg.inv() メソッド
  3. コード例: numtri.linalg.inv() メソッドと matrix 入力
  4. サンプルコード: numpy.square() と行列配列

Numpy.linalg.inv() は、指定された行列の逆を計算します。

numpy.linalg.inv() の構文

numpy.linalg.inverse(arr) 

パラメーター

arr 入力配列

戻り値

与えられた行列の逆を返します。

指定された行列が正方でない場合、または反転が失敗した場合、エラーが発生します。

コード例: numpy.linalg.inv() メソッド

import numpy as np

arr = np.array([[1, 3], [5, 7]])

arr_inv = np.linalg.inv(arr)

print(arr_inv)

出力:

[[-0.875  0.375]
 [ 0.625 -0.125]]

コード例: numtri.linalg.inv() メソッドと matrix 入力

与えられた入力が派手な「行列」の場合、inv() も行列を返します。

import numpy as np

arr = np.matrix([[1, 3], [5, 7]])

arr_inv = np.linalg.inv(arr)

print(arr_inv, type(arr_inv))

出力:

[[-0.875  0.375]
 [ 0.625 -0.125]] <class 'numpy.matrix'>

サンプルコード: numpy.square() と行列配列

import numpy as np

arr = np.array([
                [[1, 3],
                 [5, 7]],
                [[2, 5],
                 [4, 6]]])

arr_inv = np.linalg.inv(arr)

print(arr_inv)

出力:

[[[-0.875  0.375]
  [ 0.625 -0.125]]

 [[-0.75   0.625]
  [ 0.5   -0.25 ]]]

入力配列が複数の行列で構成されている場合、numpy linalg.inv() メソッドはそれらの逆行列を一度に計算します。

comments powered by Disqus