Bash で sleep コマンドを使う方法

  1. sleep コマンドの構文
  2. 例: sleep コマンド

Bash の sleep コマンドは次のコマンドの実行を指定された時間だけ停止する。このコマンドは、ある状態になるまで繰り返し確認したいときに便利である。

sleep コマンドの構文

sleep NUMBER [SUFFIX]

ここで、NUMBER はスクリプト内の次のコマンドの実行を停止する時間を表し、SUFFIXNUMBER の単位を表す。SUFFIXs, m, h を取ることができ、その値はそれぞれ秒, 分, 時, 日を表す。SUFFIX のデフォルト値は秒である。複数の引数を指定した場合、すべての引数の値の合計に相当する時間で実行を停止する。

例: sleep コマンド

sleep 10

スクリプト内の次のコマンドの実行を 10 秒間停止します。

sleep 5m 50s

スクリプト内の次のコマンドの実行を 5 分 50 秒間停止します。

#!/bin/bash

echo "Time Before Sleep Statement:" 
date +"%H:%M:%S"

sleep 3

echo "Time After Sleep Statement:"
date +"%H:%M:%S"

出力:

Time Before Sleep Statement:
20:12:15
Time After Sleep Statement:
20:12:18

sleep 文を実行する前後の時間を表示します。出力から、sleep コマンドが 3 秒間プログラムの実行を停止していることがわかります。

comments powered by Disqus