JavaScript でグローバル変数を宣言する

  1. JavaScript でグローバル変数を宣言する
  2. JavaScript 関数内でグローバル変数を宣言する

このチュートリアルでは、JavaScript でグローバル変数を宣言する方法を紹介します。

変数はデータと情報を保持し、いつでも編集できます。JavaScript では、変数は constletvar などのキーワードを使用して宣言できます。変数のスコープは通常、宣言の場所によって定義されます。関数内で宣言された変数はローカルスコープを持っているため、ローカル変数と呼ばれます。グローバル変数は関数の外部で定義され、1つだけでなくすべての関数にアクセスできます。

window キーワードを使用して、関数内でグローバル変数を宣言することもできます。関数の終了時に削除されるローカル変数とは異なり、グローバル変数の有効期間はブラウザウィンドウを閉じると終了します。グローバル変数は、デバッグの問題を引き起こすのが面倒なことが多いため、通常は回避されます。それらはどんな機能によっても修正することができ、それは人生を惨めにします。

JavaScript でグローバル変数を宣言する

<script>
var yourGlobalVariable;
function foo() {
    // ...
}
</script>

すべての関数の外部で変数を宣言することにより、グローバル変数を宣言できます。

JavaScript 関数内でグローバル変数を宣言する

globalThis を使用して JavaScript でグローバル変数を宣言する

<script>
function foo() {
    globalThis.yourGlobalVariable = ...;
}
</script>

グローバル globalThis プロパティには、グローバル this 値が含まれています。これは、グローバルオブジェクトに類似しており、関数内でグローバル変数を宣言するために使用できます。

ウィンドウを使用して JavaScript でグローバル変数を宣言する

<script>
function foo() {
    window.yourGlobalVariable = ...;
}
</script>

ブラウザでは、var で宣言されたすべてのグローバル変数は window オブジェクトのプロパティです。プロパティを window オブジェクトにアタッチすることで、関数内でグローバル変数を宣言できます。

関連記事 - JavaScript Variable

  • JavaScript で変数が未定義かどうかを確認する